史上最大の盗難事件!?コインチェックが580億円相当のハッキング被害に

iPhone修理 成田也 中目黒店

11:00~21:00 (土・日・祝 19:00まで) 年中無休

中目黒駅徒歩1分のiPhone(アイフォン)修理店 各種クレジット対応
ご相談・お問い合せダイアル 080-4356-1333 メールでお問合せご相談・お問い合せダイアル 080-4356-1333 メールでお問合せご相談・お問い合せダイアル 080-4356-1333 メールでお問合せ
ホーム > 当店の特徴 > 史上最大の盗難事件!?コインチェックが580億円相当のハッキング被害に

当店の特徴

史上最大の盗難事件!?コインチェックが580億円相当のハッキング被害に

コインチェックから580億円相当のNEMが盗難

昨日1月26日、仮想通貨界隈を激震させる大事件が発覚しました。

 

それは大手仮想通貨取引所であるCoinCheck(コインチェック)がハッキング被害に遭い、約5億2300万枚のNEM(仮想通貨の一種)が盗難されてしまったというもの。

昨日深夜から本日未明にかけてのコインチェック社による記者会見で正式に発表されました。

被害総額は580億円以上とも言われ、史上最大規模の盗難事件と言えます。

 

資産を保管していたウォレット(仮想通貨の口座のようなもの)の秘密鍵(ウォレットにアクセスする為のパスワードのようなもの)が盗まれたことでこのような事件が起きてしまったわけですが、大きな原因は以下のようなもの。

 

・顧客の資産である通貨をホットウォレット(インターネットに接続されている口座のようなもの)に保管していた

(セキュリティ面を考慮するなら、インターネットに接続されていないウォレットであるコールドウォレットに保管するのが必須と言えます)

 

・マルチシグ(秘密鍵を分散化させる技術)を使っていなかった

 

主な原因はこの2点となり、今の所は総じてコインチェック社のセキュリティ面に問題があったと言わざるを得ない状況です。

 

現在、NEMの技術振興を目的とした財団であるNEM財団によりハッカーの追跡が行われているようですが、被害に遭われた方の資産の保全を始めとした事件の早期収束を願ってやみません。