iPhoneスペック比較表

中目黒駅徒歩1分のiPhone(アイフォン)修理店 各種クレジット対応
ご相談・お問い合せダイアル 080-4356-1333 メールでお問合せご相談・お問い合せダイアル 080-4356-1333 メールでお問合せご相談・お問い合せダイアル 080-4356-1333 メールでお問合せ
ホーム > iPhoneスペック比較表

iPhoneスペック比較表

iPhone6s

iPhone6s

iPhone第9世代であるiPhone6sは、2015年9月9日にiPhone6sPlus、iPadPro、iPad
mini4、AppleTVと共に発表、同9月12日に予約開始となり、9月25日に日本を含む12カ国で先行発売。
前年に爆発的に売れたiPhone6と比べると販売数は落ちたものの、やはり大きな話題となりました。
6が発売された時のインパクトが強すぎたのか、目新しさが無いと言われがちですが今回もしっかりバージョンアップしています。
まずはカラーバリエーション。従来のゴールド、シルバー、スペースグレイに加えてローズゴールドが新登場。女性に大人気となりました。
ケースにはApple Watch Sportsにも採用されたアルミニウム7000シリーズが採用。6と比べて強度が2倍以上に。
次にSoCがiPhone6のA8からA9にアップグレードし、演算処理が70%、画像処理が90%向上。ユーザーの状態を認識するモーションコプロセッサもM9に更新され、各種センサーの常時起動性能が向上した他、Siriが常時起動状態となり「Hey Siri」と呼びかける事でSiriを呼び出す事が可能になりました。
そして新たに感圧センサーを搭載することにより、「3D touch」という新しい操作方法を実装。
3D touchとは軽く押し込む「Peek」と深く押し込む「Pop」があり、例えばカメラロールなどでサムネイルをPeekするとその写真のプレビューが、Popするとその写真が開くといった操作が出来ます。
その他にもアプリアイコンを押し込むとショートカットメニューが開いたり、SafariなどでURLのリンクをPeekするとプレビューが、Popするとそのページにジャンプするなど様々な場面で活躍し、iPhoneのポテンシャルをより拡張する機能となっています。
あと忘れてはいけないのがカメラ性能が大幅にアップしたこと。
メインカメラのiSightは画素数が1200万画素に増強され、「Live Photos」という機能が追加されました。Live Photosとは、シャッターを切る前後1.5秒間、合計3秒間を画像と共に記憶。写真を3D touchすることにより再生される機能です。
そしてなんと4K動画が撮影できるようになりました。
フロントカメラのFaceTime HDカメラも500万画素に増強されたほか、液晶画面を真っ白に明るく光らせることによるフラッシュ機能、「Retina Flash」が追加されました。
iPhone6発表時のインパクトにはかないませんが、6sもしっかりアップグレードを果たしています。特にカメラ関係は大きな進歩を遂げたという印象です。

iPhone6Plus

iPhone6 Plus

iPhone6Plusは、iPhone6と同時の2014年9月19日に、日本を含む11カ国にて先行販売開始。
今回から今までのアイフォーンと違い、2サイズでの販売になりました。
仕事で添付ファイルを開くような方はこぞってこちらの大きいサイズのプラスシリーズに乗り換えたりする人が多かった気がします。
しかし、画面が大きい分手元から滑りやすいのも事実で何回も落として画面を割ってしまうという現象もしばしばありました。
そして一度この大きい画面に慣れてしまったら、5系の小さい画面が見にくくて使いにくいと。
逆に電話はしにくいなんて声もあったり、使う人の趣向が二極化されてきました。
一見ただのiPhone6のサイズアップバージョンに見えますが、実はスペックが6より高くなっていてハイエンドモデルに相応しい仕様となっています。
どこが違うのかといいますと、まずは大きくなった液晶ディスプレイ。
サイズが違うのは見ての通りですが(6は4.7インチ、6Plusは5.5インチ)、解像度が違うのです。6は5sと同様の326ppi、6Plusは401ppiと、より高精細のディスプレイとなっています。
そしてメインカメラであるiSightカメラにおいては、iPhone6Plusのみ光学式の手ブレ補正機能を搭載。(6は電子式の手ブレ補正機能となっています。)
これにより、よりブレの少ない美しい写真を撮る事が可能となっています。
あとは細かいところでは、6Plusはホーム画面でも横向きにする事ができます。
大きさだけでは飽き足らず、しっかり性能に差をつけてきたApple。こだわりを感じますよね。
気になる方は2機種を使い比べてみてはいかがでしょうか?

iPhone6

iPhone6

iPhone第8世代となるiPhone6は、2014年9月19日に日本を含む11カ国でiPhone6Plusと同時に先行発売されました。
予約受付を開始するやいなや、24時間で400万台を受注するという爆発的な売れ行きを記録し、当時のスマートフォン販売記録を更新という快挙を達成!
またしても大ヒット商品を生み出す事に成功。
iPhone5sからの変更点は、まずは言わずもがなですが、液晶ディスプレイが4インチから4.7インチとなり本体のサイズが大きくなりました。
ただ大きくなっただけではないんです。
Retina HD displayと称した液晶ディスプレイを搭載し、解像度は1334×750ピクセルへと向上。5sと比べて精細度は変わらず、単純に大きくなった分見やすくなっています。
そして厚みは6.9mmと、iPhone5sと比較すると0.7mm薄くなりスリムな印象に。その他にボリュームボタンが丸型から細長く楕円形になるなど、大幅モデルチェンジとなりました。
中身の方はと言いますと、SoCが5sに搭載されていたA7からA8に変更になり演算処理、画像演算処理共にパフォーマンスが向上。
持ち主の状態をメインプロセッサに伝える役割のモーションコプロセッサもM8にバージョンアップし、新たに気圧計を組み入れた事により高度情報の取得が可能になりました。
そして背面のiSightカメラは感度こそ5sから据え置きとなっていますが、新規に開発されたFocus Pixelによりオートフォーカス性能が向上したほか、顔検出機能の性能も向上。
動画撮影においてはより鮮明でハイクオリティな動画が撮影可能になり、さらに新機能であるタイムラプス撮影などに対応。
(タイムラプス機能とは、簡単に言ってしまうとスローモーション撮影の逆バージョンで、長尺の映像をコマ撮りで端折って記録していくことで再生時間を圧縮する機能です。日が沈む様子など、長い時間をかけて変化していく様子を短い動画にまとめる事ができます。)
前面のFaceTimeカメラは感度が向上し、さらにiSightカメラと同様のバースト撮影機能を新搭載。
その他に、フラッシュメモリの容量に新たに128GBをラインナップ。32GBは廃止となりました。
現行機種のスタンダードモデルになったiPhone6。大胆なモデルチェンジとなりましたが、過去最高のセールスを記録し、なお且つしっかり定着させてくるあたりはさすがAppleといったところです。

iPhone5s

iPhone5s

iPhoneシリーズ第7世代であるiPhone5sは、2013年9月20日に日本と他10カ国にて発売開始!
日本ではついにこのiPhone5sからNTTドコモがiPhone市場に参入。iPhone人気の過熱ぶりから、参入せざるを得ないといった感じだったのでしょうか。
やはりiPhone5sも発売開始から大人気で、一時品薄状態になるほどの売れ行きを記録しました。
皆さまもご存知の通り、デザイン、機能性共にiPhone5から大幅刷新が行われました。
まずはカラーバリエーションの追加と変更。
ブラックがスペースグレイへと変更になり、ゴールドの新色が追加されました。
そしてホームボタンから角の取れた四角のプリントが無くなり、Touch IDと呼ばれる指紋認証機能を搭載。セキュリティ機能が格段に向上しました。
また、見た目からはわかりませんが、スマートフォンに搭載されるプロセッサとしては世界初である64bit対応のApple A7プロセッサを搭載する事により処理速度が飛躍的に向上しました。(iPhone5の2倍、初代iPhoneのなんと64倍の速度になりました)
さらにユーザーの状態を感知する事に特化したM7コプロセッサを搭載。
こちらはジャイロセンサーや電子コンパスなどを駆使し、メインのA7プロセッサに持ち主の状態を伝える役目を果たします。
これにより寝ている間はバッテリーの消耗を抑えたり、車で移動する時はwifiの電波を探さないなど、持ち主の状態に合わせた適切な処理を行えるようになりました。
ここまででもiPhone5と比べてものすごく飛躍的な進歩を遂げている事がわかりますが、まだまだあるんです!
iSightと呼ばれるカメラは、画素数こそ800万画素とiPhone5と変わりませんが、開口部とセンサーの変更により感度が33%アップしています。
さらにTrue Toneフラッシュを採用。1000通りもの設定から、状況に応じた適切なフラッシュで照らしてくれます。
そして新機能である自動手振れ補正機能と、動きのある被写体を確実に捕らえるバースト撮影機能、動画のスローモーション撮影と動画撮影中の3倍ズームなどが可能になりました。
物凄い進化を遂げたiPhone5s。未だに根強い人気があるのも頷けますよね。

iPhone5

iPhone5

2012年9月21日に日本とその他8か国で同時発売!
アメリカ本国では24時間で200万台の予約を受注し発売3日後には500万台を売り上げ、
4sの時よりもさらに加速して全世界にiPhoneを広めた。
今までのiPhoneシリーズは3.5インチでしたがアイフォン5からは4インチに変更。
通信機能も従来の3GからLTEとなり速度も速く、CPUとグラフィック性能も向上し、
処理能力も4sに比べて2倍になるなど進化しました。
そしてiPhone5からライトニングコネクターが変わりました。
従来のiPhoneに採用されていたコネクターから80%も小さくなり、
その当時スマホなどで採用されているMicro-USBとも違うアップル独自のものに変化しました。
そのため各オーディオメーカーや携帯電話周辺機器などは、
アップルのライセンスを受けなければならなくなりました。
iPhone5によってauやソフトバンクに競争が生まれ日本のLTEが活性化したのは紛れもない事実です。
そして、この当時はユーザー数が格段に伸びているiPhone市場において、
町のアイフォン修理店も少なく、殆どの方がアップルケア(applecare)に入っていませんでした。
iPhoneを落としてしまい強化ガラスでできている液晶画面を割ってしまうと、
修理するのに修理店で受付するだけで何時間も待たせられたり、
アップルケアの正規修理店アップルストアのジーニアスバー(Genius Bar)などの店舗数も非常に少なく、
iPhone画面割れ修理も容易ではなかった。

iPhone4s

iPhone4s

2011年10月14日に公式に日本で発売されました。
予約開始からわずか12時間でAT&Tに20万台以上の予約が入り桁違いの売り上げをたたき出したiPhone4s。
「4s」の由来となった今でこそ当たり前のSiriがやっと初登場!音声認識で各機能を操作できるようになりました。
2011年11月11日よりアメリカ本土でSIMフリー端末も販売開始!今までもたくさんの話題を振りまいてきたアップル社ですが、
今までのiPhoneとは格段に違う処理速度やカメラ機能などハイスペックになり、発売3日間でiPhone
4Sは400万台の売り上げをたたき出すなど、アップルが描いていた未来型携帯電話として大躍進しました。
今までは日本のキャリアもSOFTBANKしか取り扱いをしていなかったのですが、今回の4sからauでも取り扱うようになり、
日本ではNTTdocomoを除くキャリアがiPhoneを取り扱うまでに変貌しました。
今までiPhoneを使っていなかったユーザーまでもiPhoneを使うようになったのは4sからだと思います。
そして、スティーブ・ジョブズはiPhone4sをリリースした翌日のこの世を去りました。
これを発売するまでは死ねないって思って生きていたんでしょうかね。
iPhoneを好きになったユーザーの多くはこのデザインも気に入っていたようです。
少しごつごつした見た目、手に取ると重厚感があり小さいパソコンのような雰囲気で今でも根強いファンが多いです。
そしてこんな逸話も存在する「4s」=「for Steve(スティーブのために)」なんて。
愛されるデザイン性は特許も取得、そして高次元の機能性を兼ね備えた4s。

iPhone4

iPhone4

とうとう馴染みのある第四世代の登場です。
2010年6月24日日本発売の翌年スティーブ・ジョブズ氏が亡くなりました。
世に出たiPhoneシリーズの2回目のモデルチェンジ
また日本のキャリアではソフトバンクしか取り扱いしておりませんでした。
このモデルの登場によって現在の原型ともいえる前面が強化ガラスになり、金属でできたフレームに進化。
操作もスムーズにできてカメラもLED搭載の500万画素になり、デジタルカメラの役割をiPhoneが担うようになりました。
従来通り2色のモデル、白と黒のカラーパターンで販売しようとしたが製造上の問題があり、
2012年の春ごろまで白色の発売が延期しました。
待ち受け時間もフル充電から約300時間と大幅にアップ。
現在でもこのiPhone4のデザインは一部の愛好家の中ではいまだに愛され続けています。
スティーブ・ジョブズはiPhone4にすべての感性や魅力を注いできたといわれていました。
iPhone5の制作にも携わっていたそうですがその力がどこまで発揮できたのかは今でも謎ですね。
というくらいこのiPhone4は全世界において多大な影響をもたらしたと思います。

iPhone3GS

iPhone3GS

2009年6月19日に日本で発売開始
第三世代
アメリカやカナダなどそのほか欧州各国で発売わずか1週間で100万台以上の売り上げをたたき出した!
iPhoneの後続機種として今では当たり前に使われている「s」の表記ですが、この意味はspeedを表していた。
アイフォン3Gの改善版として登場し、Bluetooth機能やカメラの手振れ防止など様々な部分が改善しました。
そして、このころから動画での撮影も可能に。
ボイスコントロール(ホームボタンを長押しして使う機能)も3Gsから登場と、
まさに現在のアイフォンの原型がスタートしたといっても過言ではないくらいハイクオリティな仕様になりました。
デザインもこのころはまだ丸みを帯びており、今の角ばってゴツゴツしたイメージは全然ありません。
スペックも液晶が3.5インチ、480x320ドット、カメラ画素も300万画素なので画像としてはまだ荒い感じでしょうね。
そして、まだフロントカメラも搭載されておらず今では当たり前の自撮り撮影もできませんでした。
ただ、このiPhone3Gsによってソフトバンクはユーザー数を多く獲得できたのは事実でしょうね。

iPhone3G

iPhone3G

2008年07月11日発売開始
日本でまだ周りのほとんどの方がガラケーを利用している中、初めてアイフォンが登場しました。
ios2.0~ios4.2
背面の素材は今ではない、強化プラスチックでできてました。
カメラもオートフォーカスや手ぶれ補正もなくビデオ撮影はできませんでした。
アプリケーションにてビデオ撮影を可能にするものがありましたが。
みんなボタンで使うガラケーに慣れていた時期なので、今では考えられませんがiPhoneを持っていると周りの人にバカにされたそうな。
そしてまだiosのアプリ数が少なく脱獄してiPhoneを使用している人も多かったです。
まだこのころはコピー&ペーストの機能もなくアイチューンストアでアプリを購入するにも無線環境がないと購入ができなかった。
販売しているキャリアもこのころはソフトバンクのみでした。取り扱いができなかったのか、ほかのキャリアは興味がなかったのか。
iPhoneで音楽を聴いている最中にsafariを立ち上げるとメモリー不足でフリーズ状態になるので相当使い勝手が悪かったようです。
Bluetoothも搭載されていない。ただし、使っている人はみんな未来を感じていたそうです。

初代iPhone

初代iPhone

初期のアイフォンはなんと2G!
米アップル社が携帯電話を開発しているといううわさがアメリカ全土に広がる中、
2007年1月9日に正式に発表されました。
今とは違い金属部分とプラスチック部分で背面カバーができています。
これはセルラーやWi-Fiの電波を金属で遮らないためにこのデザインになっていたそうです。
丸みを帯びておりますが、今のアイフォンの原型を感じさせます。
アメリカなどのオークションサイトなどで落札できるかと思いますが、日本で使用することはできません。
むしろ遅くて使い物になりませんが。でも、今見ると逆に新鮮ですね。

スティーブ・ジョブズが掲げた3つの指針!
「ワイドなスクリーン画面でタッチができる」
「今までにない革命的な携帯電話」
「インターネットコミュニケーター」を掲げたクオリティ。
10年たった今でこそそのレベルの高さを感じます。
もしかするとiPhone10周年(2017年1月9日)に登場を予感させるiPhone8は…歴史は繰り返す。